たんぱく質について

今回はたんぱく質についてご説明させていただきます。

人のカラダの約60%は水分で出来ていますが、15~20%はたんぱく質で出来ています。

タンパク質によって筋肉や臓器、肌、髪、爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質などを作り、栄養素の運搬を行い、そしてタンパク質は微量ではありますが、エネルギーが消費される際に、アミノ酸としてその一部にもなります。

これは水分を除いた重量の約半分をたんぱく質が占めていることになります。

なのでたんぱく質摂取は体つくり健康維持、美容のため必要不可欠です。

だからと言って沢山摂取すれば良いというわけではありません、過剰摂取にはデメリットがございます。

・摂取エネルギーが増える

たんぱく質1gで4㎉になり豊富な食品、特に肉や卵は比較的カロリーが高いです、たんぱく質を摂りたい一心で、たくさん食べてしまうと結果的にカロリーオーバーとなり肥満を招くということにもなりかねません。

・内臓疲労

摂取したたんぱく質は体内で合成と分解を繰り返します。その過程において食事から摂った、たんぱく質のあまったものは分解され窒素になります。この窒素を排出するのに腎臓や肝臓に負担がかかり内臓疲労を引き起こしてしまう可能性があります。

・腸内環境の乱れ

動物性たんぱく質を摂りすぎると、体内に吸収されなかったたんぱく質がそのまま腸内に送り込まれます。腸内に送られたたんぱく質は悪玉菌のえさになってしまい悪玉菌のが増え腸内環境の乱れが発生しやすくなります。

 

では過不足がないようたんぱく質を摂取するにはどうすれば?

体重1㎏あたり1~1.5gのたんぱく質摂取」を心がけましょう。

例60㎏の方の場合  60㎏×1~1.5=目安60~90g

を1食にまとめるのではなく3食や4食に分けて摂取しましょう。

 

私たちのカラダを構成する栄養素として欠かせない、たんぱく質。

きちんと摂取しながら運動することで十分な筋肉を維持できるため、健康なカラダつくりにも大いに役にたちます。

バランスよく食べてトレーニングをし健康的で美しいカラダを手に入れましょう!!

 

 

 

PAGE TOP